1. ホーム
  2. 更年期障害の症状
  3. ≫閉経後の不正出血の原因は?腰痛や腹痛がひどい時どうする?対処法のまとめ

閉経後の不正出血の原因は?腰痛や腹痛がひどい時どうする?対処法のまとめ

閉経後の不正出血 原因
みなさんは不正出血の経験ってありますか?私は何回かあるのですが、生理じゃないのに急に出血するのってやっぱり怖いですよね。それに不正出血した時って心なしかお腹がいたかったり腰が痛かったりもして。そういうのも不安を助長している気さえします。「なんか悪い病気なんじゃないか」って思って。

本当に不正出血って年齢関係なく恐怖を覚えますよね。

そんな中でも「私は閉経したし、関係ないわ」と思っている人ってけっこう多いのではないでしょうか。実際私も閉経したら不正出血を含めそういった出血はなくなるのだとばかり思っていました。

だけどそれって間違い!閉経したからと言って不正出血が絶対にないとは言い切れないのです!

「え?生理がないのに出血するの?」って思いますよね。私は初めて知った時、驚きを隠せませんでした。そしてそんなことが起こりうると知って真っ先に思ったのは「閉経しているのに出血って危ないんじゃないの?」ってこと。

そこで今回は閉経後の不正出血の原因それに伴う腰痛や腹痛がひどいときの対処法を紹介します!

 

閉経後の不正出血の原因は?

不正出血の原因って1番に気になりますよね。私も初めて不正出血を経験した時はすっごく焦って「今まで一度もこんなことはなかったのに何で?」って思いながら全力で調べたことがあります。結局私の場合はいわゆる「排卵出血(排卵に伴って起こる出血)」だったのですが急な出血って本当にびっくりしちゃいますよね。

閉経した人はその驚きと不安もひとしおのはず。閉経したはずなのに不正出血が起こる原因としては以下の4つが考えられます。

 

子宮がん
これが原因としては1番怖いです。子宮がんなどの主な症状に不正出血があります。高齢になるにつれて発生率はどんどん上がっていくのに婦人科の健診を受ける人は減っていくので見落としがちなのです。

膣炎
閉経後はおりものの量も減るので細菌が繁殖しやすくそれに加えて体調を崩していたら出血することがあります。他にも閉経後は膣が薄くなっているので傷がつきやすくそのせいで出血する場合もあります。

子宮内膜の剥がれ落ち
閉経したら卵巣は女性ホルモンを作らないのですが皮下脂肪などから出る物質は作っています。この女性ホルモンがたまると生理みたいな出血が起こります。

そもそも閉経していなかった
閉経付近は周期が乱れています。通常は1年以上生理が来なかったら閉経だと判断するのですが、たまに1年以上経った後でも生理が来ることがあります。

 

閉経後の不正出血で腰痛がひどい時の対策法!

閉経後の不正出血 原因
不正出血の時って腰が痛くなったりしませんか。腰痛がずっと続くのは辛いから何とかしたいですよね。その症状があったらどう対処したら良いのでしょうか。その場合は以下の3つを試してみると良いですよ。

  1. 市販の痛み止めを服用する
  2. 身体を冷やさない
  3. 安静にして休養

 

特に大切なのは身体を冷やさないことです。女性の身体って冷えは天敵と言いますけどそれは閉経したとしても一緒です。だから閉経後も身体を労ってあげるのはすっごく大切なことなのです。

市販の痛み止めも有効で痛みが軽減される場合があります。だけど痛み止めを飲めば治まるとしても痛みが続くなら病院を受診した方が良いですよ!大きな病気の可能性もありますから。本来、不正出血は最初から病院に行っても良いくらいの症状なのです。

 

閉経後の不正出血で腹痛がひどい時の対策法!

閉経後の不正出血 原因
じゃあ閉経後の不正出血に腹痛が伴う場合はどんな対処をしたら良いのでしょうか。不正出血の時に限らず腹痛がひどい時って動けなかったりもするから本当に困りますよね。その症状がある時の対処法としては以下の2つがあります。

  1. 身体を温める
  2. 深呼吸をする

 

腰痛の対処法でも書きましたが身体を冷やさない、温めることは女性にとって本当に大切なことです。絶対に冷やさないようにしてくださいね!

そして深呼吸をするととってもリラックスできますよね。横になってゆっくりと呼吸をすると痛みが大分ラクになりますよ。

だけど重複しますが閉経後の不正出血は大きな病気の可能性が十分にあります。ここでは自宅で簡単に出来る対処法を紹介しましたが、病院に行く前の応急処置だと考えてくださいね。時間が空いたら病院に行きましょう!

 

まとめ

今回は閉経後の不正出血の原因それに伴って腰痛や腹痛がひどい場合の対処法について紹介しました。

まとめると

  • 閉経後の不正出血は膣炎や子宮内膜の剥がれ落ちなどが原因で起こる
  • 腰痛、腹痛ともに身体を冷やさないことが大切
  • 大きな病気の可能性もあるので病院を受診した方が良い

です!

閉経したのに出血があるのは通常ではありえないことです。もし不正出血があった場合は何かしらの病気を疑った方が良いと思います。なので自己判断をするよりは病院を受診した方が安心できるし確実な診断がもらえますよ。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。