1. ホーム
  2. 女性ホルモン
  3. ≫女性ホルモンの薬の副作用は?生理不順に良いらしいけど薬局で買えるの?

女性ホルモンの薬の副作用は?生理不順に良いらしいけど薬局で買えるの?

女性ホルモン 薬 副作用

「今までは全然そんなことなかったのにここ最近、生理不順なんだよね…」なんて経験はありませんか?
私は生理痛がひどいなどの悩みはあっても生理不順で困ったことはなかったのに最近ちょっと生理不順気味。

「引っ越しもして環境も変わったからそのせい?」と思いつつも「でも前に引っ越した時はそんなことなかったし…」って堂々巡り。だけどそれだけ女性の身体はデリケートで予測できないものなのですよね。

そして生理不順の治療薬と言えば私は「女性ホルモンの薬」が浮かびます。何か生理不順って女性ホルモンを整えるとかの目的でこの薬を服用しているイメージがあります。
私もこの薬に頼るべき?でもうーん…っていうか薬だしやっぱり副作用が怖い。

女性ホルモンの薬ってどんな副作用があるの?
それに私は勝手に女性ホルモンの薬で生理不順が良くなると思っていますがそれって本当?あと市販薬ってあるのかな?など知らないことがたくさんあります。

みなさんの中にも女性ホルモンの薬のことをあまり知らない人っているはず。
そこで今回は女性ホルモンの薬の副作用のことそして生理不順に効くのかと市販薬はあるのかについて紹介します。

 

女性ホルモンの薬の副作用はどんなものがあるの?

女性ホルモン 薬 副作用

さっそく私が1番気になっている「副作用」について紹介しますね。] 「やっぱり薬である以上、副作用はつきものだよね」とは思うけど、「どんな副作用があるのか」を知るのって本当に大切ですよね!

知らなければ今自分に起こっている気になる症状が薬の副作用によるものなのかそれ以外の原因があるのかさえも分かりませんし。

女性ホルモンの薬の副作用には主に以下の4つがあります。

・不正出血
女性ホルモンの副作用としては代表的な症状です。
これは女性ホルモンの働きによるものだと考えられているので問題ないと言われています。

ただ別の病気による不正出血の可能性も否定できないので「どのような不正出血なのか」は必ずチェックするようにしてくださいね!

・血栓
血液のエストロゲン(卵胞ホルモン)濃度が高くなると血液を固める可能性があります。これは高血圧や脳卒中などのリスクを高めてしまうので注意が必要です。

・胸が張る・下腹部が痛む
これらもエストロゲンが原因によるものです。
だけどこのような症状は薬の量などの調整で改善される場合があります。だからこれらの症状が出たらすぐにお医者さんに相談してくださいね!

・子宮がんのリスク
エストロゲンを摂取し続けると子宮内膜が厚くなります。

その状態が続くと子宮がんに成長する恐れが。3ヵ月程度なら悪影響はないと考えられていますが、基本的に子宮がある場合などではプロゲステロン(黄体ホルモン)も一緒に投与するのが一般的です。

これらの他にも頭痛や動悸などの症状があると言われています。
だからもしも女性ホルモンの薬を服用し始めてから身体に不調が現れた場合はすぐに病院を受診するようにしましょう!

 

女性ホルモンの薬が生理不順に効くって本当?

女性ホルモン 薬 副作用

副作用のことは分かりましたが…結局女性ホルモンの薬って「生理不順」の症状に使用できるのでしょうか?
答えは「女性ホルモンの薬は生理不順に効果あり」です!

そもそもこの薬は婦人科での生理不順の治療薬として使われています。
ピル」って聞いたことありませんか?これを「避妊薬」と思っている人って多いですよね。

もちろんその認識で合っていますし間違ってはいないのですが「ピル」の役割ってそれだけじゃないのです!

ピルは女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)プロゲステロン(黄体ホルモン)が含有されている薬です。
だからこれを服用すると体内でそれぞれのホルモンの分泌が抑えられます。

これによって卵巣に機能を回復させる時間を与えられるので、結果として生理不順の改善が期待できるというわけです。

 

薬局で買える女性ホルモンの薬ってあるの?

女性ホルモン 薬 副作用

女性ホルモンの薬って生理不順に良いなら持っておくと安心ですよね!でも女性ホルモンの薬ってドラッグストアなどで購入することってできるのでしょうか?

実は女性ホルモンの薬は医療用医薬品なのでお医者さんの処方箋が必須なのです。
だから残念ながらドラッグストアなどで買うことはできません。

ただ女性ホルモンに似た働きをする「エクオール」や「イソフラボン」などのサプリメントはドラッグストアでも取り扱っています。
だから「病院に行くほどの症状はないけれど女性ホルモンを補いたい」という場合はまずこれらのサプリメントを試してみると良いですよ!

ちなみに…今は流通が進歩したおかげで女性ホルモンの薬を海外から個人輸入もできるようになっています。
つまり本気で入手しようと思えば処方箋なしでも入手できちゃうってことです。

だけど副作用のなどの危険性やいつまで服用するのかの見極めなど、自己判断が難しい部分もあるので個人的にはあまりおすすめしません。

それでも「女性ホルモンの薬が欲しい!」という場合は「副作用などが起こっても完全に自己責任である」ことを理解してから購入するようにしてくださいね!

 

まとめ

今回は女性ホルモンの薬について副作用のことと生理不順に効果があるのか、そして市販薬はあるのかを紹介しました。
まとめると

・女性ホルモンの薬には不正出血などの副作用がある
・女性ホルモンは生理不順の治療薬として使われている
・女性ホルモンの市販薬はないが、エクオールなど女性ホルモンに似た働きをするサプリメントは取り扱っている

です。生理不順はストレスなどのささいなことでも起こります。だから普段からリラックスしてストレスフリーな生活を心がけましょう!

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。