肌がカサカサ!乾燥肌の仕組みと対策

乾燥肌とは、肌の表面にある角質層の水分が不足している状態です。
角質層に適度な水分が保たれていると、外部刺激や乾燥から肌を守ることができます。

角質層の水分が不足してしまうと、肌がカサカサになってしまい、
白く粉を吹くような状態になってしまいます。

乾燥肌対策を行うにはどうしたらようのでしょうか?

まず乾燥肌の仕組みを知りましょう。
乾燥肌の仕組みを知ることで、乾燥肌対策を効率よく実践できるようになりますから。

mizu480

スポンサーリンク

乾燥肌の原因は2つ

乾燥肌の原因には、先天的なものと後天的なものと2通りあります。

先天的な原因は、生まれつきの肌質や体質によるもの。
後天的な原因は、皮膚に触れる空気の乾燥や紫外線の影響、生活習慣、加齢による肌の変化などです。

残念ことに、先天的な原因で乾燥肌になった場合は対策が立てにくいです。
原因を取り除くことが難しいからです。

後天的な原因の場合は、仕事の関係や環境的な都合で避けづらいものもあると思いますが
正しい洗顔や睡眠時間の確保、食事の見直しなど実行することです。

乾燥肌にいいといわれている食べ物は、テレビ情報では鮭・ごま・キウイです。
いずれもモニターの方々が2週間位食べ続け、肌の水分量の数値が上がりました。

また、「乳酸菌」で腸内の乳酸菌が増えたら乾燥肌も改善されるそうです。


保湿効果のある定番、コラーゲンが原料のゼラチンも忘れてはいけません。
スープやゼリーにして食べてみては。

先天的、後天的どちらの乾燥肌も、睡眠時間をしっかり取って
規則正しい生活を心掛けて、ストレスをためないことが一番です。