この成分が入っている化粧品には注意が必要です

外的要因の中で、もっとも多いのが化粧品による肌荒れです。
化粧品の成分が合わなかったり、間違った使い方をすることで
肌荒れが起きてしまいます。

特に、成分による刺激が原因で肌荒れを起こす人が
多いんです。

Hitchhiker-Woman-Sitting-on-Luggage-600x339480

そんな背景もあってか、有害成分を排除した、
無添加化粧品自然派化粧品オーガニック化粧品
が大人気です。

スポンサーリンク

肌荒れになる可能性がある成分とは?

では、どんな成分が肌荒れの原因になるのでしょうか?

肌荒れの原因になると言われているのは
防腐剤、保存料、人工着色料、香料界面活性剤などです。

成分名でいうと
メチル、プロピル、ブチル、エチルパラベン、フェノキシエタノール
アルコール(エタノール)、シリコンなどです。

ほとんどの化粧品に入っている成分なので、一度は聞いたことが
あると思います。

それぞれの成分の特徴と、どんな化粧品に入っている成分なのかは
それぞれのページで詳しく説明しています。

よかったら参考にしてくださいね。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

界面活性剤ってたくさん種類があるの知ってた?
シリコンは危険で肌荒れの原因になるって本当なの?
防腐剤入りの化粧品って使うと肌荒れするの?
紫外線散乱剤は無添加の日焼け止めなの?
紫外線吸収剤って危険なのでつかわないほうがいい?