化粧品の成分が肌荒れの原因ならどうするか?

肌荒れの原因が化粧品の成分と考えられるなら
合わない成分を特定しましょう。

合わない成分が特定できれば、肌荒れのリスクを
減らすことができます。

Woman-with-Beautiful-Makeup-600x375480

スポンサーリンク

肌荒れ成分を調べる方法

合わない成分を調べるには、自分で調べる方法
皮膚科で調べてもらう方法があります。

自分で調べる方法から説明していきますね。

まずは、合わなかった化粧品を特定します。

化粧水とか洗顔などの、単品が原因なのか?
使用している化粧品ブランドすべてが原因なのか?

単品が原因の場合
単品ごとの成分を比較してみると、どの成分が合わなかったのか
特定することができます。

合わない成分が、1つの場合もあるでしょうし
2つ以上のことも考えられます。

また、すべての商品が合わない場合
ブランドを通してすべての商品に入っている成分が
原因の可能性が高いです。

どの成分が合わないのかが、特定できない場合は
皮膚科できちんと検査してもらいましょう。

また、かぶれたり、ただれたりという
あまりにもひどい肌荒れの場合も、皮膚科に行きましょう

化粧品が合わなくて、肌荒れを起こして皮膚科に
かかった場合は、化粧品メーカーに伝えてくださいね。

返金、返品はもちろんですが、皮膚科にかかった費用も
保障してくれるメーカーさんもありますからね。

合わない成分が特定されたら、次に化粧品を購入する場合は
成分を必ず確認してくださいね

肌荒れを起こさないための対策になりますからね。