紫外線吸収剤って危険なのでつかわないほうがいい?

紫外線防止対策の日焼け止めクリームや下地、 ファンデーションに

入っている成分で有名なのが 紫外線吸収剤

肌が弱い方や、オーガニック系の化粧品を愛用している方 からは

危険だと敬遠されています。

concept _114_480

スポンサーリンク

紫外線吸収剤ってどんなのも?

そもそも紫外線吸収剤とは、 肌に塗った吸収剤の成分が紫外線を一旦吸収し、

それを熱エネルギーに変えてしまう化学的な反応を利用した 日焼け止め剤の成分のこと。

と、一般的に言われてます。 小難しいので、簡単にいうと

紫外線を吸して、紫外線が皮膚に浸透するのを 防いでくれる成分です。

紫外線が皮膚に浸透するのを防いでくれるなら いい成分のような気がしますよね。

 

ところが、 肌の上でおこる化学反応がトラブルの原因に。

肌の上で化学反応がおこるのは、紫外線があたっている間中 ずっとなんです。

 

肌の上で、化学反応が起こっているわけですから 肌に負担がかからないわけがないですよね。

こういう理由から、危険だと言われています。

オキシベンゾンには注意が必要です

また、紫外線吸収剤には、毒性があり、発がん性もあるという 報告がされています。

オキシベンゾン」が代表格で、環境ホルモンの 疑いもあるといわれています。

しかし、日本の厚生省は安全性の基準が高いので 発がん性の疑いのある成分に関しては

ひとつの化粧品に対しての使用量が定められています。

なので、1種類の日焼け止めにとどめておけば リスクは回避できます。

 

ただ、複数の商品を使ったりすると 許容範囲を超えてしまう可能性もあるので 注意したいですね。

紫外線吸収剤のメリットは?

紫外線吸収剤は、SPF指数が高く、日焼け防止効果が高く 白浮きしないというメリットもあります。

 

海に出かけたり、屋外活動するときには使いたい。

日常は、紫外線吸収剤ではない、安全性が高いと言われている 紫外線散乱剤の入ってる日焼け止めをつかって

屋外活動の時は紫外線吸収剤入りのものをつかうなどして 分けて使うのもいいですよね。

紫外線吸収剤を使う時に気をつけること

もし紫外線吸収剤入りの日焼け止めを使った場合は きちんと洗い流すことも忘れずに。

日焼け止め専用のクレンジングも、ありますから。 とにかく、肌に負担がかからないようにしましょうね。

 

ただ紫外線散乱剤も、大手を上げて安全とは言い難いのも 悲しいとところ。

紫外線散乱剤についてはこちらで詳しく書いています

↓ ↓ ↓ ↓

紫外線散乱剤

 

紫外線吸収剤の代表的な成分

ケイ皮酸誘導体(メトキシケイ皮酸オクチル等)

パラアミノ安息香酸誘導体(ジメチルPABAオクチル等)

ジベンゾイルメタン誘導体(t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン等)

 

コメント

  1. […] うな感じがしますが いろいろと問題もあるのです。 それぞれの特徴や、気をつけなくてはいけない点については、 別のページで詳しく説明しますね。 紫外線吸収剤についてはこちら […]

  2. […] うな感じがしますが いろいろと問題もあるのです。 それぞれの特徴や、気をつけなくてはいけない点については、 別のページで詳しく説明しますね。 紫外線吸収剤についてはこちら […]