紫外線散乱剤は無添加の日焼け止めなの?

日焼け止めのおもな成分には
紫外線吸収剤紫外線散乱剤があります。

紫外線吸収剤は、肌荒れの原因になることが多いです。

こちらのページに詳しく書いています。
紫外線吸収剤って危険なのでつかわないほうがいい?

そんな理由から、紫外線散乱剤の日焼け止めに
人気が集まっています。

clouds_002480

スポンサーリンク

紫外線散乱剤ってどんなものなの?


紫外線散乱剤
とは、
紫外線を肌の上で反射(散乱)させる物質です。

散乱剤(パウダー)が肌を均一に覆って
紫外線を肌表面で反射、散乱させて紫外線の影響を防いでくれます。

簡単にいうと、紫外線をはねかえしてしまう成分のことです。

肌の上で光を反射させる方式は、化学変化ではないことから
ノンケミカルと表示されています。

なので、紫外線散乱剤は無添加といわれて
肌の弱い人にはおすすめの成分と認識されています。

紫外線散乱剤で注意したい主要成分

しかし、紫外線散乱剤の主要成分である
酸化チタン(二酸化チタン)酸化亜鉛の危険性が
あるといわれているのはご存じですか?

酸化チタンや酸化亜鉛に酸素中で光を当てると
活性酸素が発生して、肌にダメージを与え
老化に繋がるからです。

活性化酵素って、体を錆びさせる美容の大敵ですからね。

でも安心してください。

メーカーさんによっては、酸化チタンや酸化亜鉛のまわりを
コーティングして酸化反応をおさえて
、商品を作っています。

中には、コーティング素材も天然成分という
商品もありますよ。

できれば、天然成分でコーティングしている
商品をつかいたいものです。

紫外線散乱剤のナノ化にも気をつけて

さらに、もう1点紫外線散乱剤について
注意しなければならない点があります。

酸化チタンや酸化亜鉛の大きさです。

紫外線散乱剤
は、白浮きするというデメリットがあるため
酸化チタンや酸化亜鉛をナノサイズ(100ナノ以下の大きさ)に
して、白浮きしない商品が開発されました。

ナノ化すると、粒子の比表面積が桁違いに大きくなり
酸化作用がより活性化するので危険性が高くなります。

ですから、紫外線散乱剤配合なのに、白浮きしないと
宣伝している商品には、ナノ化した、酸化チタンや酸化亜鉛が、
使われている可能性が高いので要注意です。

酸化チタンや酸化亜鉛がナノ化されている商品なら
コーティングされている商品を選びましょう

安全性のためなら、多少の白浮き感もがまんですかね。

白浮きしない日焼け止めの決定版は?

ちなみにですが、酸化チタンや酸化亜鉛がナノ化されていないのに
天然成分でコーティングしている商品をみつけました。

HANAオーガニックウェアルーUV
という商品です。
日焼け止めと美容液効果も備えています。

ウェアルーUV

>>ウェアルーUV公式サイトはこちら<<

ウェアルーUVは、独自の粒子を分散する技術で
白浮きも改善しています。

ファンデーションとしても使えるので、おすすめです。