防腐剤入りの化粧品って使うと肌荒れするの?

防腐剤とは
微生物によって製品が傷むのを防ぐために使われる薬剤
のことをいいます。

化粧品に配合されている、防腐剤には、
化粧品の製造段階から製品が、消費者の元に届くまでのあいだに
製品中で微生物が増殖しないようにする働きがあります。

また、消費者が化粧品を使用する際に、外部から製品に入りこんだ
微生物の増殖を抑えたり死滅させたりする働きもあります。

少し難しい表現なので簡単にいうと、
化粧品にばい菌が繁殖するのを防いでくれるのが防腐剤です。

化粧品では、クリーム、乳液、ファンデーション、アイメイク用品
などに使われています。

aftershave and lotions

スポンサーリンク

防腐剤は旧指定成分

なぜ防腐剤が危険だったり、肌荒れの原因になるのかというと
旧指定成分だからというところが大きいです。

旧指定成分とは、昭和40年代に厚生労働省が化粧品に関する規定で、
アレルギーを引き起こす可能性のある102種類の成分のこと。

おもな成分は、石油から合成された合成成分であり、
合成防腐剤、合成界面活性剤、紫外線吸収剤などです。

いわゆる無添加化粧品などに入っていない成分。

肌が弱い人は防腐剤など、旧指定成分が配合された化粧品で
かぶれたり、肌荒れしたりすることが多いようです。

しかし、防腐剤の入っていない無添加化粧品が安全かというと
そうとも言い切れないのが悲しいところ。

防腐剤が入っていないということは、腐りやすくなるので
化粧品の使用期限が短かったり、化粧品の取り扱いを気をつけないと
いけないというデメリットも生じてきます。

化粧品を冷蔵庫で保管したり、個別包装してあるので値段が高くなる
ということも。

防腐剤だけじゃなくキャリーオーバーも心配

日本の厚生省は、厳しいことで有名です。
薬の認可なども、外国に比べるとかなり厳しく
新薬などもなかなか認可されません。

厳しい厚生省の許容範囲内での使用なので
あまり目くじらを立てて敬遠することもないと思います。

防腐剤がたくさん入っていたり、防腐剤の中でも中毒性の高い成分であれば
化粧品の成分として認められません。

無添加化粧品(オーガニック化粧品)についても、旧表示指定成分が
配合されていないだけで、旧指定成分以外のの石油系添加物
配合されている事もあるのでご注意を。

またキャリーオーバー(柳葉さんのロトのことではありませんよ)という
怖い実態もあります。

キャリーオーバーとは化粧品の原料を作るときの
残留成分のこと

たとえば、無添加化粧品のエキスを抽出するときの溶剤や
抽出液を腐らせないために防腐剤などのことです。

キャリーオーバー(残留成分)については表記する義務がありません

無添加化粧品(オーガニック化粧品)といえども、
抽出溶剤や防腐に関しては、無添加でない場合もあります。

良心的な無添加化粧品メーカーさんなどは、表記していることもありますが
表記していないメーカーさんも多いので、注意が必要ですね。

防腐剤入りの化粧品を使うのかどうかは
最終的にはご自分のお肌の調子を見ながらの判断をおすすめします。

代表的な防腐剤の表示名称

パラオキシ安息香酸エステル(表示名称:パラベン)
デヒドロ酢酸ナトリウム(表示名称:デヒドロ酢酸Na)
ヒノキチオール(表示名称:ヒノキチオール)
フェノキシエタノール(表示名称:フェノキシエタノール)
安息香酸ナトリウム(表示名称:安息香酸Na)
安息香酸(表示名称:安息香酸)