シリコンは危険で肌荒れの原因になるって本当なの?

最近ノンシリコンシャンプーが流行っています。
シリコンが入っているシャンプーでは、髪が傷むということで
敬遠されています。

シリコンは危険な成分なので、髪が傷んだり肌荒れの原因
なってしまうということらしいのです。

zilyosi11480

スポンサーリンク

シリコンは本当に危険なの?

シリコンは、髪や肌にポリビニール系の皮膜をつくってコーティングします。
髪の毛の艶を出してくれたり、肌の凸凹を平らにしてくれたりと
化粧品の使用感をよくしてくれるものなのです。

専門的な話になりますが
シリコンを加水分解などの処理をして作るのが、合成ポリマー
合成ポリマーは、化学的に合成された高分子化合物で、
シリコーンオイルシリコーン樹脂と言われています。

化粧品やヘアケア剤に使われているシリコンとは、このシリコーンオイルのことです。

シリコンは毛穴をつまらせる?

では、なぜシリコンは危険で肌荒れなどの原因と言われているのでしょうか?

まず、シリコンが肌や髪に膜をはってしまうということは、毛穴や頭皮がふさがれて
老廃物を外に出すことが出来きず、毛穴や頭皮がつまりニキビや吹き出物
原因になってしうことが考えられます。

さらに、肌や毛髪の内部に栄養がいかなくなり乾燥や老化
原因にもなる恐れがあります。

また、水と油に強いシリコンは肌に残りやすいので、落としにくくなります。
きちんとシリコンを落とさないと、活性酸素などの老化原因になります。

シリコンをしっかり落とすために、洗浄力が強い合成界面活性剤の濃度が高い
クレンジングを使うと、バリア機能が壊れて肌荒れの原因にもなります。

このようなことから、シリコンの危険性がささやかれているのではないでしょうか。

シリコンにもいいところはあるよ

しかし、シリコンにもメリットはあります。
肌の凸凹を平らにしてくれたり、髪の毛の浮き上がったキューティクル
押さえ込み手触りを良くしてくれること。

キューティクルのように、再生できないものに対しては
絶大な効果を発揮してくれるのです。

さらにシリコンは汗や水に強いので、ウォータープルーフのファンデーションやマスカラ、
日焼け止めにも使用されています。

そもそもシリコン自体は、哺乳瓶などにも使用されていて、
一定の安全性は認められている成分でもあります。

シリコンの組織は細か
く、コーティングするときには、
ストッキングのように網目状のように皮膜をつくるので、毛穴等を塞ぐことはない
という説もあります。

あまり大きな声では言えませんが
シリコンは天然成分と比べても原料価格がすごく安く使用感が良いため、
使用している化粧品メーカーさんが多いのも事実です。

結論としてしては、洗顔剤が肌に与える影響が一番心配なので
必要な時だけ使うのがおすすめです。

常用するのであれば、洗顔後の保湿など十分なお手入れを忘れずに。

化粧品に使われているシリコンの成分名

シロキサン
シクロメチコン
ジメチコン
フェニルトリメチコン
コポリマー
アモジメチコン

コメント

  1. […] シリコンは危険で肌荒れの原因になるって本当なの? でも書いたのですが、シリコンは頭皮を詰まらせて、吹き出物の原因に […]

  2. […] 界面活性剤ってたくさん種類があるの知ってた? シリコンは危険で肌荒れの原因になるって本当なの? 防腐剤入りの化粧品って使うと肌荒れするの? […]

  3. […] 界面活性剤ってたくさん種類があるの知ってた? シリコンは危険で肌荒れの原因になるって本当なの? 防腐剤入りの化粧品って使うと肌荒れするの? […]