白髪染めの成分ジアミンには気をつけて

白髪染めが原因で肌荒れを起こすこともあるんですよ。

頭皮からず~っと皮膚は繋がっていますからね。

毛染めをしていて 頭皮がぴりぴり、

チクチク痛かったり、かゆくなる場合は すぐに中止しましょう。

我慢していると、湿疹ができたり赤くかぶれたり ひどい場合は、

顔がはれたり皮がめくれることも あるんですよ(^_^;)

zia480

注意したい場所は 頭皮・髪の生え際やまぶた・額、

耳の後ろや首すじなどです。

ヘアカラーの薬液が直接接触する部分で

洗髪時のすすぎ液が接触したところ。

なのですすぎはしっかりとしてくださいね。

薬液をすすぐだけでなく、薬液が触れた皮膚も

きれいに 洗い流しましょう

自分で自宅で毛染めをする場合は、

特に気を付けないと いけないです。

スポンサーリンク

ジアミンアレルギーって?

毛染め剤が原因で起こる肌荒れやかぶれは

接触性皮膚炎アレルギー性皮膚炎の場合が多いです。

接触性皮膚炎は、毛染め剤が触れたことによっておこります。

やっかいなのは、アレルギー性皮膚炎です。

アレルギー皮膚炎の場合、ジアミンという成分が原因で

アレルギー反応が起こります。

ジアミンアレルギーとも呼ばれ、

アレルギー反応は、ある日突然に起こることもあります。

このジアミンアレルギーは一度反応を起こしてしまうと

ジアミン配合のヘアカラーは2度と使えません。

ジアミンアレルギーは一生消えないからです。

使用説明書に沿って、パッチテスト(皮膚アレルギー試験)を すると安全ですよ。

ジアミン配合の毛染め剤は、酸化染毛剤で 1液と2液が分かれていて、

混ぜて使うタイプのものです。

非ジアミン系の白髪めもありますよ

ジアミンアレルギーの方や肌荒れが心配の方は、

 非ジアミン系の白髪めがおすすめです。

非ジアミン系の白髪めは

植物染料のヘナ

お歯黒式白髪染め(非酸化染毛剤

ヘマニキュアタイプのアカラートリートメント

ヘアマニキュアや などです。

非ジアミン系の白髪めは、肌にやさしいのですが

色落ちが早いというデメリットもありますよ。

白髪染めで、肌トラブルが起きた時は、必ず

皮膚科に行って処方してもらってくださいね。

非ジアミン系の白髪染め

ヘアカラートリートメント(ヘアマニュキア) ルプルプヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメント⇒利尻ヘアカラートリートメント≪サスティ≫

くろめヘアカラートリートメント⇒くろめヘアカラー

ヘアマニキュア

ブローネへアマニキュア⇒ブローネへアマニキュア

シエロヘアマニキュア⇒シエロヘアマニキュア

毎回染めるのが面倒臭いなぁ~と感じる方は、

マニュキュアタイプの カラートリートメントシャンプーもありますよ。

利尻カラーシャンプー

アレルギー反応が起こりやすい白髪染めの成分

発色剤・・・「パラフェニレンジアミン」「フェニレンジアミン」「アミノフェノール」

修正剤・・・「メタアミノフェノール」「メタフェニレンジアミン」

着色剤・・・「ニトロ化合物」