紫外線SPF値とPA値って何?

日焼け止めクリームやファンデーションに書いている
SPF値PA値って、どんなものなのか説明します。

スポンサーリンク

SPF値はUVB波に対する防御指数

SPF値は、SunProtectionFactor(サンプロテクションファクター)
の略で、UVB波に対する防御指数のことです。

UVB波を浴びると、肌が赤くなりヒリヒリします。
海に行った時に焼けと赤くなるのは、このUVB波の仕業です。

SPF値は、
紫外線を浴びた時、皮膚に赤い斑点ができるまでの時間を何倍長く
出来るか
を表したものです。

赤い斑点が出来るまでの時間は、個人差がありますが
通常は20分で換算されていることが多いです。

たとえばSPF30の日焼け止めを利用した場合、
赤い斑点が現れるまでの時間が、600分というとになります。

つまり1度その日焼け止めをつけたら、10時間赤くならないと
いうことです。

すっごくややこしいい表現なので、日常生活なら15が防御レベル
スポーツ、屋外活動なら30~50くらいあれば大丈夫と思ってください。

PA値はUV-A波に対する防御指数

PA値とは
Protection Grade of UVA(プロテクション グレイド オブ UVA)の略で
UV-A波の防御指数のことです。

UV-A波を浴びると、シミ、しわ、たるみのもとになります。

PA値は、
UV-A波のみを浴びた後の黒くなりにくさを表す数値
のことで
2013年より新基準PA + + + +が追加され、以下の4段階に
別れています。

・PA +   UV-A 防御効果がある
・PA + +   UV-A 防御効果がかなりある
・PA + + +   UV-A 防御効果が非常にある
・PA + + + + UV-A 防御効果が極めて高い

通常の生活であれば、PA + あれば大丈夫です。
屋外の作業などの時は、PA + +以上あるのが望ましいです。

PA値

日焼け止めはマメに付け直しましょう

日焼けしないためには、SPF値とPA値があるものを
ダブル
で使いたいものです。

これらの指数は、汗などで崩れたり、つけ直しの有無に関係なく
つけられています。

その時の日差しの強さや、日焼け止めが取れやすい環境にあるのか
塗り直しがきちんとできたのかという状況によって日焼け止めの
効果は変わってきます。

できれば、こまめに付け直すことをおすすめします。

日焼け止めのところでも書きましたが
効果の高いものは、高いなりに肌荒れのリスクもあるので
気を付けてくださいね。

詳しい内容はこちら⇒日焼け止め