ニキビ跡の赤みや色素沈着を消す方法(治し方)!おすすめの化粧水は薬用アクレケア

ニキビ跡の赤みや色素沈着って、なかなか治らなくて悩んでいる人が多いと思いますが、実は自然治癒することがわかっています。病院に行ったり、レーザー治療しなくてもきちんとケすれば大丈夫なんですよ。

ニキビ跡の赤みや色素沈着をケアする、おすすめの化粧水は薬用アクレケアです。
このことについては、四半世紀もニキビ跡に悩まされていた、うちの旦那で実証済みです。

ニキビ跡 赤み 消す

>>ニキビ跡の赤みを消す薬用アクレケアの詳しい情報を見る<<

生活習慣を変えるだけで改善することが出来るのですが、かなり時間がかかってしまいますが、先ほど紹介した薬用アクレケアを使用すると、時短になります。

つまり生活習慣を変えつつ、ニキビ跡ケアする化粧水などを使っていく方法が早くニキビ跡の赤みや色素沈着を消す近道になるのです。

スポンサーリンク

薬用アクレケアを使ってみた

実際にアクレケア使った時の感想です。

ニキビ跡 赤み 消す

たくさんのパンフレットと一緒に送られてきました。

ニキビ跡 赤み 消す

化粧水と美容液の中間のような感触です。

とろみのある化粧水のようなイメージです、香りはありません。

少し多めにとってしまいましたが、この半分くらいの量で顔全体につけられます。

ニキビ跡の赤みや色素沈着のある部分を中心につけていきます。

さらっとしたつけ心地でベタつきませんが、肌の中までしっかりと入っていきます。しっかりと保湿してくれる感じですが、重さはありません。

ニキビ跡の人が使用しても、重たくもなく気持ちいいです。

薬用アクレケアがおすすめな理由

薬用アクレケアがおすすめな理由は

  1. 今あるニキビの炎症を抑え、予防もできるグリチルリチン酸2Kを配合
  2. 美白成分アルブチン、ビタミンC含有量世界一カムカムエキスを配合
  3. .新美肌成分、卵殻膜(らんかくまく)を配合

しているからです。

そもそもニキビ跡の赤みや色素沈着が出来てしまうのは、

ニキビが炎症を起こしている
肌のターンオーバー(新陳代謝)が正常ではないので肌の生まれ変わりが出来ない
肌のターンオーバーが乱れているので赤みなどの色素沈着が出来やすい

などがはだないぶで起こっているからなんです。

これらのにニキビ跡の出来る原因を改善してあげるために、化粧品の力を借りて肌を正常な状態に戻してあげないといけません。

そのためにニキビ跡の赤みや色素沈着を改善するためには、肌の炎症を抑えて、肌のターンオーバーを正常にする作用のある成分が入っている化粧品を選ぶ必要があります。

さらに言えば、赤みや色素沈着はシミになりやすいので、紫外線対策をしながら、美白成分でシミにならないようにしないといけないです。

これら全ての成分を備えているのが、薬用アクレケアなのです。

グリチルリチン酸2Kは、ニキビの炎症を抑えるだけでなく、肌が弱い人でも使える成分なので安心です。

美白成分の中でもアルブチンは、刺激が少なく肌にも安心な成分です。美白成分でニキビを悪化させてしまう事もあるので薬用アクレケアなら安心ですね。

さらに今注目の成分、卵殻膜は昔から相撲部屋で、傷口に卵殻膜を貼って治す習慣があります。何故かと言うと、早く傷口を修復するからなんです。このことからも、肌の生まれ変わりをサポートすることがわかります。

さらに肌の凸凹を滑らかに整えてくれる月下香エキス、肌をふっくら見せてくれう保湿成分としてヒアルロン酸も配合しています。

うちの旦那も、20種類くらいのニキビ跡対策の化粧品を使いましたが、1番のお気に入りです。理由は赤みが1週間くらいで消えたからです。かなり早かったです。

それに保湿効果も抜群だったので、少しクレーター状になった部分もふっくら見えるようになり肌の凸凹感がなくなりました。

薬用アクレケアは厳密には美容液なのですが、使い方は化粧水と一緒なので洗顔したらつけるだけと簡単なところもお気に入りでした。

 アクレケアがおすすめな人

  • ニキビ跡の赤みや色素沈着を消したい人
  • ニキビは治ったけどニキビ跡に悩んでいる人
  • 顔の赤みが気になる人
  • しつこいニキビ跡が何年も消えていない人
  • 現在、ニキビができているのを撃退したい人

>>ニキビ跡の赤みを消す薬用アクレケアの詳しい情報を見る<<

薬用アクレケアの全成分

アルブチン、グリチルリチン酸2K、精製水、チューベロースポリサッカロイド液、水解卵殻膜、カムカムエキス、ヒアルロン酸、カモミラエキス、茶エキス、キサンタンガム、ペンタンジオール、濃グリセリン、ジカプリン酸ネオペンチルグリコール、ジイソステアリン酸ポリグリセリル、水添ヒマシ油、ヒドロキシエタンジホスホン酸液、水酸化Na、メチルパラベン、無水エタノール

無添加

合成香料、着色料、鉱物油、シリコン無添加

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする