ニキビ跡の赤みや色素沈着を今すぐ消す方法!リプロスキンのコンシーラーがおすすめ

ニキビ跡の赤みや色素沈着を今すぐ消す方法紹介します。

私は旦那のニキビ跡の赤みを100近くのアイテムを試して改善しました。ニキビに関しては素人でしたが、10年近い歳月をかけて旦那と二人三脚で試行錯誤していくうちに、プロ並みの知識と経験が身につきました。

そんな中で気がついたのは、ニキビ跡になってしまうと改善するまでにかなり時間がかかること。ニキビ跡の赤みや色素沈着はニキビ跡の中でも初期症状なのですが、改善までに3ヶ月程度かかります。

でも、肌の赤みが気になるから3ヶ月も待ってられない。今すぐ赤みや色素沈着を隠したい。そんな思いで行き着いたのがリプロスキン(Reproskin)のコンシーラー

>>リプロスキン コンシーラーの詳しい情報はこちら<<

このコンシーラーを使ったら、あっという間に赤みが消えたんです。この時、ニキビ跡を消す方法は、スキンケアや薬でお手入れするだけではないと思いました。

男性でも、人と接する機会が多いので赤みがあっては第一印象が悪くなり仕事に響きます。なわけで、男性であろうと部分的な赤みを消すならコンシーラーは使うべきです。

肌がスベスベだと第一印象もバッチリだし、モテモテになっちゃいますよ(^o^)

ニキビ跡 赤み

スポンサーリンク

リプロスキンのコンシーラーがおすすめの理由

ニキビ跡 赤み

今すぐ、ニキビ跡の赤みや色素沈着を消したい人に、どうしてリプロスキンのコンシーラーがおすすめなのかというと、軽いつけ心地と圧倒的なカバー力と肌に優しいところ。

そもそもコンシーラーって、シミとか目の周りのくまとかを隠すために、ファンデーショをつける前に気になる部分につけてカバーするもの。通常のコンシーラーは、カバー力がある分、油分もたくさん入っていて重たい感触になります。

なので、ニキビ跡がある人は、肌が脂っぽいので敬遠しがち。油分がたくさん入っていて重たければニキビ跡の人にとっては、化粧が崩れやすくなるからです。

それにコンシーラーが毛穴に入ってしまい、ニキビ跡が悪化してしまうこともあるからです。

ニキビ跡が消せたからって、根本的に治ったわけではありませんよね。それにカバー出来たからといって、ニキビ跡が悪化してしまったら大変ですよね。リプロスキンのコンシーラーは、そんなお悩みを全て解決してくれます。

リプロスキンのコンシーラーはニキビ跡をカバーするように作られているので

軽い塗り心地でもしっかり隠す
成分が肌に優しいので敏感肌でも使える
メイクが崩れず長持ち

という特徴があるので、安心して使えるのでおすすめなのです。

さらにこの上にファンデーションをつけても、一旦コンシーラーで保護しているのでニキビ跡にも負担がかかりません。

リプロスキンのコンシーラーはこんな人におすすめ!

リプロスキンのコンシーラーは以下の人におすすめです。

ニキビを隠したいのに、いつもコンシーラーが浮いて逆に目立つ
化粧崩れがしやすくて肌がドロドロになって余計に赤みが目立つ
メイク崩れは、いつもコンシーラーを塗ったところから
最初にカバー出来ても数時間後に崩れてしまう
コンシーラーで毛穴が詰まってニキビ跡が悪化
赤みや色素沈着を徹底的に隠したい
コンシーラーの重たさやお肌への負担が心配
ファンデーションはつけない方がマシと思う

そんな全ての悩みを解消してくれるのが、リプロスキンのコンシーラーなのです。

>>リプロスキン コンシーラー公式サイト<<

リプロスキンコンシーラーは赤みや色素沈着を消すって本当?

ニキビ跡 赤み

では、リプロスキンのコンシーラーは本当に赤みや色素沈着を消すことができるのでしょうか?

うちの旦那の体験では、さっとひと塗りで消すことが出来ました。ですが、うちの旦那の話だけだと不安かもしれないので、口コミを紹介します。

リプロスキンコンシーラーの口コミ

ニキビは徹底的に隠す派だったので厚塗りがやめられませんでした。はじめはリプロスキンのお城だけ大丈夫かな?と半信半疑だったのですが、光が反射するような透明感が出てニキビが綺麗に隠れます。軽いのに優秀なコンシーラーです。」23歳女性

リプロスキンさんのメーカさんならと安心して購入できました。私はニキビ肌で敏感肌です。コンシーラーでニキビがひどくなることもよくあったのですが、トラブルもなく良い成分が入ってるんだなと感じられます。」30歳女性
リプロスキンコンシーラーは、ベタベタしないのに、乾燥もしない感じで赤いニキビ跡も自然にカバーできるから気に入ってます。」24歳女性

このように、かなり評判がいいです。

万が一、お肌に合わない時は、60日間返金保証があるので安心です。

リプロスキンさんは、もともとニキビ専用の化粧品ブランドで、化粧水やジェルクリームなど有名で、たくさんの愛用者がいます。そんな信頼感もあるリプロスキンさんの商品なので間違いはありません。

リプロスキン 口コミ

>>Reproskin(リプロスキン)化粧水の詳しい情報はこちら<<

リプロスキンコンシーラーの全成分

リプロスキンには、肌に優しいチョウジエキス、キハダ樹皮エキス、油分を抑える、レモングラス、サリチル酸などが入っているので、ニキビ跡を悪化させたり、化粧崩れを防ぐことが出来るのです。

リプロスキン全成分

成分: 水、シクロペンタシロキサン、酸化チタン、BG、トリエチルヘキサノイン、ジメチコン、ペンチレングリコール、グリセリン、タルク、スクワラン(ジメチコン/ビニルジメチコン)、クロスポリマー
成分1%以下(PEG-15/ラウリルジメチコン)クロスポリマー、ラウリルポリグリセリル-3ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、酸化鉄、硫酸Mg、サリチル酸、ステアロイルグルタミン酸2Na、ハイドロゲンジメチコン、水酸化Al、エタノール、チョウジエキス、キハダ樹皮エキス、レモングラス葉/茎エキス、コメヌカエキス、(HDI/トリメチロールヘキシルラクトン)クロスポリマー、シリカ

リプロスキンさんの商品一覧

ニキビの後の化粧水
リプロスキン

トラブル肌用コンシーラー
コンシーラー

高保湿肌柔軟
リプロスキンジェルクリーム

トラブル肌用CCクリーム
リプロスキン CCクリーム

薬用背中ニキビケアジェル
ジュエルレイン

ニキビ跡の赤みや色素沈着を消す方法(治し方)

ニキビ跡の赤みや色素沈着を消す方法は、生活習慣の改善です。

日常生活他不規則だったり、食べるものが油っぽいもばかりだったり、睡眠不足だったりするとニキビができやすくなります。

そのような日常生活を送っていると、ニキビだけではなくニキビ跡になってしまい、赤みや色素沈着をまねいてしまいます。

ニキビ跡を改善するための食事
ビタミンA 、C、 E の入った食品を多めに取ること。

ビタミンA とE は花の新陳代謝を良くしたり、血行促進の効果があるので肌の生まれ変わりを早めてくれるので、ニキビ跡の改善を早めてくれます。

ビタミンC は肌の修復力を高めてくれるので、ニキビ跡を改善してくれるし、ニキビ跡の赤みを薄くする作用もあります。

ビタミンA
緑黄色野菜ほうれん草春菊など

ビタミンE
大豆ピーナッツ系などの豆類やカボチャなど

ビタミンC
レモンイチゴなどの果物

睡眠
睡眠に関しては決まった時間に起きて寝るようにして、できれば8時間以上の睡眠をとりましょう。

寝る前にお風呂に入ったり、軽いストレッチなどするとリラックスして寝ることができます。

洗顔や紫外線にも気をつけよう

生活習慣の中では洗顔をあまりやりすぎないこと。

鮮魚やすぎてしまうと余計に払わ化されてしまいます。ですので優しく泡で洗い上げてぬるま湯ですすぎタオルでゴシゴシ拭き取らないようにしましょう。

ニキビ跡の赤みや色素沈着はシミになりやすいので紫外線対策も必ず行いましょう。

ニキビについて専門書から学んだこと

ニキビ跡 赤み消す

旦那のニキビ跡を治すためにたくさんの本や雑誌を読みました。

ネットの情報と同じように、いろいろな立場や見解から語られているので、情報を精査しないといけないです。

私たち夫婦もそんな情報に振りまわされながらも自分たちのスタイルを確立しました。
ここ最近発売された本の中でニキビについて書いてある部分があったのでシェアします。

専門家が書いたもの選りすぐりました。

ウソをつく化粧品 小澤貴子

東京美容科学研究所所長が書いている辛口の化粧品の本。

オーガニックや無添加だからといって安心出来ないことや、成分についての詳しい知識が辛口で書かれています。

この中でニキビについて重要だと思う点はニキビ菌(アクネ菌)を排除すると乾燥肌になってしまうということ。

だからニキビ化粧品には保湿効果のあるものではないとダメだということをら知りました。

化粧品を正しく使えばあなたもっとキレイになる。 川島眞

川島先生は東京女子医科大学皮膚科教授で、皮膚科で貰うニキビの薬「ディフェリンゲル」のホームページでニキビについての解説をされている方です。

この本は、しばらく前に発売されてベストセラーになっているので読んだことがある人も多いかと思います。

皮膚科医の見地から書かれているので、巷で流れている情報との違いがかなりあることに気がつきました。

ニキビについて書かれていることは、20代後半から30代の女性にできる顎の辺りのニキビは、ストレスやホルモンに関係があるということです。

しかし、人によって子供に対する感受性が違うので全ての人に当てはまると限りません。

また、乾燥にニキビというのは化粧品メーカーが考えるメカニズムであることで、医学的には確認されていないということです。

自分史上最高の美肌作り 間違いだらけの化粧品選び かずのすけ

かずのすけさんは、アメブロで大人気の化粧品評論ブロガーで、有機生物化学で化学教諭の資格持っています。

専門的な立場から書かれているのですが、この3冊の中では一番内容が難しく感じました。

ニキビについては殺菌ではニキビを治せないということ言っています。

また、毛穴に詰まった角栓を取り除いてもまた出来てしまうので逆効果だということ言っています。
共通項としては、アクネ菌、角栓、油分を取りすぎて、肌を乾燥させてはいけないということです。

また、大人にきびはストレスやホルモンの関係もあるので、生活習慣も変えていくことが大事なのだと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする