肌荒れしにくいファンデーションってあるの?肌に優しいパウダーがおすすめ!

肌荒れしにくいファンデーション
メイクアップの必需品、ファンデーション。年齢を重ねるにつれて、シミやくすみ、ニキビ跡、クマ…隠したいものは増える一方。気付けばどんどん厚塗りに…な~んて方、いませんか?

私は、できることならファンデーションはなしで過ごせたら理想だなぁなんて思っています。だって、お直しもオフも簡単だし、パウダーやベースメイクだけなら、肌への負担も軽く済みそうじゃないですか?

とは言え、なかなかそうも言っていられません。悲しいことに、ファンデーションなしでは自信を持って歩けるほどの美肌を持ち合わせていないので(泣)。

そんな私と似たようなお悩みをお持ちのあなたに。肌への負担は少なく、でもカバー力は抜群!なんて、夢のようなファンデーション。見つけられたら、今後のメイク生活が楽しくなること間違いなしですよね。そんなファンデーションを紹介しています。

沢山ありすぎてわからない!どの種類を選べばいいの?

肌荒れしにくいファンデーション
ひとことにファンデーションと言っても、その種類は豊富すぎて迷ってしまいますよね。クリームタイプリキッドタイプパウダータイプ、最近ではクッションファンデと呼ばれるものも出てきました。

私もこれまで散々試してきましたが、どれも一長一短で、なかなかこれ!と言ったものに出会えずにいました。まさにファンデーション難民です。あれこれと試してきた中では、合わない物を選んでしまった結果ひどい肌荒れに悩まされ、皮膚科通いをせざるを得なくなってしまったことも…。

もちろん、メーカーには好みがありますし、人それぞれ合う物は違いますから、そこは絶対これが誰にとっても最高のファンデーションだと紹介できるものはありません。ただ、ひとつ言えるとすれば、パウダータイプを選んでください!!これだけは絶対です。私が辿り着いた正解です。

なぜパウダータイプがいいの?

肌荒れしにくいファンデーション
カバー力や、肌への密着感で言えば、パウダーのそれはクリームやリキッドタイプのものには劣ってしまいます。一度リキッドを試してしまうと、パウダーではなんとなく物足りなく感じてしまうかも。カバー力も、しっとり感も全く違いますからね。

ですが、肌荒れを起こさないという観点で見れば、パウダーに勝るものはないのです。パウダーは、知っての通りさらっと軽い質感です。密着感が少ない=肌への負担が少ないということ。リキッドやクリームは、乳液状のものにファンデーションの粉が混ざっています。それらの成分を分離させないために、防腐剤や活性剤などの添加物が含まれているのです。

しかも、毛穴への浸透力もパウダーよりも粒子が細かい分、遥かに高いのです。クレンジングをかなりしっかりしないと、毛穴の奥に残ってしまうリスクが。そうなると、トラブルの元ですよね。肌が荒れやすい方は特に、パウダータイプを選ぶのが鉄則と言えます。

リキッドやクリーム状のものは使ってはいけない?

肌荒れしにくいファンデーション
もちろんこれらにもそれぞれのメリットがありますから、絶対使わないようにすべきだとは言いません。私も愛用しているリキッドがあります。ただ、ここぞと言う時だけのスペシャルアイテムとして使うようにしています。どんな時かと言うと、例えばパーティーや、絶対に失敗したくないデート。

綺麗なメイクを長時間キープしておきたいような場合や、なかなかメイク直しができない状況が予測される場合には、リキッドファンデはとても心強い存在。あのカバー力と密着感には、絶大な安心感がありますよね。ただ、そんな時はいつも以上に入念なクレンジングその後のスキンケアを忘れずに!

パウダータイプにも色々あるけれど、どれを選べばいいの?

あなたのお肌に合うものが一番ですから、使用感が好きなものを使えばよいと思います。ただ、荒れやすいという人は「敏感肌用」として売られているものや、ミネラルファンデーションと名のつくものがオススメです。

これらには添加物が含まれていない場合が多いのです。含まれていたとしてもごく少量なので、肌への負担は圧倒的に少なく済みます。ミネラルファンデーションは、基本的に防腐剤不使用、無着色無香料。

「肌にとって不要なもの」がなるべく含まれていないものを選びましょう。成分表示をチェックしたり、販売スタッフのアドバイスを聞いて選んでくださいね。

まとめ

ファンデーションは確かに肌に負担をかけるイメージが強いアイテムではありますが、良いものを選んで使いさえすればお肌に悪影響はありません。大切なのは、合うものを見つけることです。

  1. 肌への負担を考慮するのなら、普段使いはパウダーを選択
  2. パウダー以外もしっかり落とせば問題なし。ただし頻繁な使用は避けて
  3. 肌に安全なものを選ぶこと。成分表示をしっかり見て、わからなければ販売員さんに相談を。

ベストファンデーションを見つけて、メイク生活をより楽しんでください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする