更年期障害の男性の症状が知りたい!特徴や年齢と対処法のまとめ

更年期障害 男性 症状
私の父は年なのか「腰が痛い」とか「きつい」とかよく言うんです。私は単純に老化だと思ったので「もうおじいちゃんだね」なんて笑って流していたんですけど…

それ、ちょっと待った!
受け流しがちなその症状、女性でよく聞く更年期障害の症状と似てたりはしませんか?

男性にだって更年期障害はあるんです!

私は男性にも更年期障害があるって知らなかったので、知った瞬間「私のお父さんは…」と不安になりました。可能性があると分かってしまうと一気に気になるのが人間の性…ですよね。

ここではあまり知られていない男性の更年期障害について紹介します。

男性の更年期障害症状の特徴は?

更年期障害 男性 症状
とりあえず男性の更年期障害の症状についてまとめてみました。

・疲労感 ・睡眠障害 ・肩こり ・頭痛 ・寝汗 ・ほてり ・動悸 ・気力の低下
・記憶力の低下 ・不安や抑うつ感 ・集中力の低下 ・寝起きが悪い 性欲の減退
・ED(勃起機能の低下)

けっこう何気ないというか…もしも父が訴えて来たとしても「老化でしょ」で片づけちゃう私の姿が目に浮かびました。実際男性の更年期障害の症状を調べて初めて「あれ?お父さんがよく言うのが症状に入ってる」って思いました。

だけどこう言った症状をもしも母が言ったらきっと私は「更年期だね」って言うと思うんです。というか母が「疲れた」とか「なんかほてってる」とか言っていた時に私は「更年期だね」って返しました。

自分が言ってるんですけど、この差って何なんでしょう。やっぱり男性の更年期障害の存在を知らなかったのは大きいです。そのせいで父の症状を流してしまうんですから…不遇としか言いようがないです。いや私も反省しないとですね。

そんな見落とされがちな男性の更年期障害に気づく大きな目安になるのはやっぱりED(勃起機能の低下)とか性欲の減退とかの性機能に関するものです。こういった症状に心当たりがあるのなら、泌尿器科の受診などの対策をすることをおすすめします。

男性の更年期障害になる年齢はいつから?

女性は閉経が大きな目安になるので多少の個人差はあってもだいたい40代~50代です。男性が更年期障害になる年齢は女性の+10歳と言われています。だから男性の更年期障害になる年齢は50代~60代になります。ばっちり私の父はその年齢にどんぴしゃです。ますます私の父の「更年期疑惑」は膨らむ一方です…

最近では会社でのストレスなどが原因で40代にも見られる場合があるんです。それに男性には女性みたいに閉経がないので、性欲の減退などの性機能の衰えって個人差もめっちゃ大きいのです。だから40代で減退する人が居たかと思えば、60代70代になっても相変わらず元気な人も居たり。振れ幅がものすごいんです。

そういう個人差が大きいことも男性の更年期障害に気づきにくくしていますよね。
更年期障害 男性 症状

更年期障害症状の対処法は?

いざ「更年期かも?」と思ってもどう対処したら良いか分からないですよね。真っ先に浮かぶのは病院を受診することだけど…仕事が忙しかったり休日も付き合いがあったりしてなかなか病院に行く時間が取れないこともありますよね。私の父も病院の受診を勧めたとしても、普段は仕事が忙しくてそんなヒマはなさそう。

そんな世の中の男性に朗報です!

男性の更年期障害は生活習慣を見直すだけで改善される場合があるんです!男性の更年期障害は男性ホルモンの減少が大きな原因なので、男性ホルモンの分泌を促すような行動を心がければ良いんです!

  • 誰かと競い合う
  • 運動(筋トレなどの無酸素運動が良い)
  • 睡眠時間を確実に確保する
  • ストレスをためない

こういったことに気を付けて生活するだけで、病院を受診しなくても更年期障害を改善できますよ!健康的な生活を送ることは生活習慣病の予防にもつながりますしまさに一石二鳥ですよね。

私はさっそく父に「男性にも更年期あるらしいよ」ってことと「健康的な生活をするようにね」って伝えてみました!
更年期障害 男性 症状

だけど病院で確実に指導してもらいたいのであれば、病院を受診するのもありです。

男性の更年期障害の場合、内科や心療内科、ED(勃起機能の低下)などの性機能の症状があるのなら泌尿器科を受診すると良いですよ。あとまだ数は少ないですけど男性更年期障害外来というのを設置している病院もあります。もしも近くにその外来があるのなら、更年期障害のあらゆる症状に対応してもらえるのでその外来を受診するのがおすすめです。

まとめ

今回のことをまとめると

  • 男性の更年期障害の症状には性機能関連のものがある
  • 男性が更年期障害になる年齢は40代~60代と幅広い
  • 男性の更年期障害は生活習慣の見直しで改善できる

ですね。

しばらく生活習慣を見直してみても効果がない場合は頑なに行かないのではなくきちんと病院に行ってくださいね。それで更年期障害とバイバイしちゃいましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする