更年期って眠いしだるい!「眠いのに眠れない」場合の対処法と一緒に調べてみた

更年期 眠い だるい
私の母の話なのですが…昼間にすっごく眠たそうにしているのです。「寝不足なのかな?」とも思うのですが、母の寝る時間は私よりも普通に早いから理由としては薄い気がする。

そうかと思えば今度は夜に「眠たいんだけど眠れないんだよね」って言いだすのです。私は「昼に寝たからじゃないの?」って思ったのでそう言おうとしたのですが…「あれ?今日のお昼には寝てなかったかも…」

何だか不思議じゃないですか?

それに「眠い」って言っている時って「だるさ」も感じている気がします。いつもより行動することが少ないというか、じっとしていることが多いというか…

「これって何か原因があるの?」って思ったので、調べてみました。そしたら、更年期(だいたい40代~50代)には「眠い」とか「だるい」とかって症状が出やすいのだとか!ついでに「眠いのに眠れない」って状況にも陥りやすいとのこと。

「そうなんだ!でもどうして?」

そこで今回は更年期の「眠い」「だるい」の原因「眠いのに眠れない」時や「眠い」時の対処法について紹介します!

更年期に眠い・だるいのはどうしてなの?

更年期 眠い だるい
まずはどうして更年期(だいたい40代~50代)に「眠い」「だるい」って状況に陥ってしまうのかについて説明します!

更年期って「閉経」の時期ですよね。この時期になると女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が減少します。女性ホルモンが分泌されない状態は身体にとって「異常事態」なのです。

だから脳は女性ホルモンを分泌する仕事をしている卵巣に「女性ホルモンもっと出してよ」って命令してきます。だけど機能が衰えてしまった卵巣にはどんなに頑張っても、女性ホルモンの分泌量を増やすことはできないのです。これが会社ならとんだブラック企業ですよね!笑

そういうアンバランスな感じが続くとホルモンバランスが乱れちゃいます。そして「ホルモンバランスが乱れている」という状況って心にも身体にもすっごく負担なのです。その結果身体の不調として「眠い」とか「だるい」とかの症状が起こるのです。

あと更年期の「眠い」「だるい」がどんな症状なのかも簡単にまとめてみました!

・眠い
夜に十分な睡眠をとったのに昼間に眠たくなる状態。酷い時だと眠たすぎて目を開けていることができずに、いつの間にか寝てしまっていることも。

・だるい
眠気とだるさは併発しやすい。眠い時って何もする気が起きないですよね。他にも身体が重く感じられて動くのが億劫とか。更年期の「だるい」ではそういう状態になりがちです。

けっこう何気ない症状だと思ったのですけど放っておくと生活に支障をきたしてしまうので注意が必要ですね。

更年期に眠いのに眠れない!何かできることってないの?

更年期 眠い だるい
「眠い」って症状とは別に「眠いから寝たいんだけど眠れない!」って状況になったことはありませんか?この状況ってすっごくしんどいのですよね。

私の母も「眠いから寝るね」って言って布団に入ったのにしばらくして見てみるとまだ起きている、何てことがザラにあります。私が「眠いんじゃなかったの?」って聞いても「眠いんだけど寝付けなくて…」って困ったように言っています。

自分では寝たいって思っているのに眠れないのって思った以上にストレスです。睡眠は人にとって欠かせない行動ですから。

こうなってしまう理由にも前の段落でも説明したホルモンバランス乱れが大きく関係しています。ホルモンバランスが乱れたら芋づる式で自律神経も乱れちゃうのです。自律神経が乱れると体内時計が狂うと言われています。これによってなかなか入眠することができなくなってしまうのです。

そういう時の対処法を4つ紹介するので「眠いのに眠れない」で悩んでいる人は試してみてくださいね!

・「時間」よりも「睡眠の質」を
睡眠時間をしっかり確保したいところですが「眠れない」のにそれは無理な話ですよね。だからそういう時は短時間でも質の良い睡眠をとれるように「良い枕を使う」「心地良いシーツやマットを選ぶ」などをしてみるのがおすすめです。

・スマホなどを使わない
「眠れない」って言う人に多いのですが、眠れないからってスマホやテレビを見るのはNGです。これらが放つブルーライトは脳の働きを活発にしてしまうので眠れない原因になります。

・アロマでリラックス
アロマにはリラックスさせる効果があるので、眠れない時におすすめです。香りとしては「ラベンダー」「カモミールローマン」などに心を落ち着かせる効果があると言われていますが、自分の好きな香りでも十分に効果が期待できますよ!

・寝る前にハーブティを飲もう
鎮静効果のあるハーブティを飲んで心身をリラックスさせましょう。身体も温まりますよ!おすすめは「カモミール」「オレンジピール」などです。

更年期の「眠い」に対してできる対策が知りたい!

更年期 眠い だるい
前の段落では「眠いのに眠れない」状況への対処法を紹介しました。それだけでもダメではないのですがどうせなら「眠い」って症状そのものをどうにかしたくありませんか?

ここでは更年期(だいたい40代~50代)の「眠い」症状に対して普段からできることに重きを置いて対策を4つ紹介します!

・サプリメントの摂取
「エクオール」や「イソフラボン」は女性ホルモンに似た働きをするので、「眠い」「だるい」の症状改善におすすめです。

・適度な運動
ストレッチや散歩など軽いもので良いので、運動をする習慣を身につけましょう!

・規則正しい生活を心がける
乱れた生活はホルモンバランスの乱れを引き起こしてしまいます。だから毎日早寝早起きを心がけて睡眠をしっかりとりましょう!

・好きなことをしてストレスをためない
ストレスはホルモンバランスにとって大敵です!だから好きなことをする時間を作ってストレスをためないようにしましょう!

まとめ

今回は更年期(だいたい40代~50代)の「眠い」「だるい」の症状が起こる理由「眠いのに眠れない」時や「眠い」症状打破の対策について紹介しました!

まとめると

  • 更年期の「眠い」「だるい」症状は女性ホルモン(エストロゲン)のバランスが崩れることで起こる
  • 「眠いのに眠れない」時は「アロマ」などで気持ちをリラックスさせるのがおすすめ
  • 「眠い」症状を改善するために「適度な運動」などをしよう!

です。

今回は「自分でできること」を重視して紹介しました。だけどこれらを試しても効果が得られない場合は病院を受診しましょう!病院を受診すれば根本的な治療をしてもらえるので大分ラクになると思いますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする