更年期障害の症状の女性と男性のまとめ!気になる若年性更年期やプレ更年期の症状とは?

更年期障害症状 女性

みなさんは「更年期障害」って知っていますか?
これは私の憶測ですが「閉経前後に現れる女性の病気」っていう印象が強いですよね!

でも更年期障害って実は男性にも存在するのです!初めて聞いたっていう人も多いのではないでしょうか。私は母が更年期障害になったことをきっかけに調べるまで全く知りませんでした。

それに!最近では更年期障害を発症する年齢も若くなりつつあるのです。「若年性更年期障害」や「プレ更年期」って言葉、聞いたことありませんか?
まぁ私は例によって知らなかったのですが。笑

…って笑っている場合じゃありません!
若年性更年期があるということは「若いから」っていう理由で無視できなくなったということなのですから。

だけど…「更年期障害ってどんな症状があるの?」って疑問に思う人もいるはず。人って自分に身近じゃない物事はスルーしがちですよね。

そこで今回は女性と男性それぞれの「更年期障害」と「若年性更年期」「プレ更年期」の症状をまとめてみました!

スポンサーリンク

更年期障害の症状!女性の場合

更年期障害症状 女性

まずは女性の更年期障害の症状から紹介しますね。
「更年期障害と言えば女性!」ってくらい印象が強いですよね!他の更年期障害の症状は知らなくても女性のものの症状を何となくでも知っている人は多いと思います。

そんな女性の更年期障害の症状を以下にまとめました!

・生理不順(周期が不規則、経血量が変化)・疲れやすい・動悸、息切れ・頭痛・めまい
・ホットフラッシュ(多汗・発汗)・のぼせ、ほてり・手足の冷え・イライラ・肩こり
・腰痛・眠りが浅い・寝つきが悪いなど

けっこう普通に生活していても起こりやすい些細な症状も入っていますよね。
女性の更年期障害はだいたい閉経を迎える40代~50代でなると言われています。つまり閉経に伴って上記のような症状が現れるというわけなのです。

閉経前後の女性の身体はそれだけ不安定ってことですね。

更年期障害の症状!男性の場合

更年期障害症状 女性

次は一般の認知度が女性のものに比べて低い男性の更年期障害の症状について紹介します!
男性の場合、何かしらの症状を訴えたとしても「老化じゃない?」って簡単に済まされがちです。実際私は父の不調をそんな感じで受け流しちゃっていました…

じゃあ男性の更年期障害の症状ってどんなものがあるのでしょうか。以下にまとめました。

・ED(勃起不全)・性欲の減退・疲労感・睡眠障害・肩こり・頭痛・寝汗・ほてり・動悸
・気力、集中力の低下・記憶力の低下・不安感・抑うつ・仕事に身が入らない
・寝起きが悪い・筋肉量の低下など

女性の更年期障害とだいたいの症状は似ていますよね。
男性の更年期障害の特徴はやっぱりEDなどの性機能や筋肉量などの運動機能に関するものですね。これらは男性ならではだと思います。

そんな男性の更年期障害になる年齢は女性の+10歳程度と言われています。
つまり50代~60代くらい。とは言っても最近ではストレス社会の弊害で男女共に年齢が若くなっているという指摘もされています。

このことについては「若年性更年期」と被る部分があるので次の段落で紹介しますね。

若年性更年期とプレ更年期の症状

更年期障害症状 女性

前の段落で「更年期障害になる年齢がどんどん若くなっている」と言いました。
若くても更年期障害のような症状が出るのが報告されているのです!年齢的には20代~30代です。本当に若いですよね!

これは「若年性更年期」と呼ばれ普通の更年期障害と区別されています。
そんな若年性更年期の症状も男女別で以下にまとめてみました!

若年性更年期の症状(女性)

・生理不順 ・生理痛 ・無月経 ・頭痛 ・腰痛、肩こり ・腹痛 ・だるさ
・冷え性 ・のぼせ感 ・めまい ・耳鳴り ・抜け毛 ・肌荒れ ・よく口が渇く
・不眠症 ・頻尿 ・食欲不振 ・イライラする ・不安感 ・性交痛 ・動悸、息切れ
・集中力の低下 ・物忘れ ・骨量の減少 ・膣の乾燥、萎縮

若年性更年期の症状(男性)

・疲れやすい ・神経質 ・不眠 ・うつ(不安感、イライラ、無気力) ・体がほてる
・のぼせる  ・胸が痛い ・動悸 ・頻尿(トイレが近い、夜中に頻繁にトイレに行く)
・ED(勃起機能の低下) ・めまい ・筋肉量の減少 ・集中力の低下 ・肥満
・性機能の減退など

男性の症状は年齢で大きな違いは特にないので普通の更年期障害とほぼ一緒です。
ただ女性の場合はまだ閉経の時期としては早すぎるので生理不順の症状が目立ちます。だけど若年性更年期では「早期閉経」することがあるのでもしも生理不順になったらすぐに婦人科を受診してくださいね!

ちなみに…
女性の「若年性更年期」と似たものに「プレ更年期」というものがあります。こちらの症状もまとめておきました!それが以下になります。

・ほてり・多汗・冷え・むくみ・動悸、息切れ・疲労感・睡眠障害(不眠、眠気)・白髪
・めまい・イライラ・抑うつ・不安感・物忘れ・便秘、下痢・肩こり、腰痛・頭痛
・肌荒れ・手足のしびれ・目の疲れ・生理不順 など

本当に若年性更年期と似ていますよね!「え?一緒じゃないの?」と思われるかもしれません。
実際調べていてもこれらを一緒に考えていることが多いです。「一緒なのに違う呼び方があるの?」って感じですよね。でも厳密にいうと違うのです!

これはどういうことなのかと言うと…プレ更年期は「だいたい30代後半~40代前半の更年期障害になる前の時期に更年期障害と似た症状が出ること」を言います。

若年性更年期との最大の違いは症状に「早期閉経」になるかどうかです。プレ更年期でも生理不順の症状はありますが早期閉経にはなりません!

ただ若年性更年期でも絶対に早期閉経になるというわけではないのです。
だからこれらが混同されがちというわけなのです。閉経の違いがあると言っても明確な違いじゃないですから。

いずれにしても素人である私たちが判断できることではないので、「更年期かも?」って思ったら婦人科に行った方が良いですね。

まとめ

今回は更年期障害の男女ごとの症状と若年性更年期やプレ更年期の症状について紹介しました!
まとめると…

・女性の更年期障害では閉経に伴って頭痛などさまざまな身体の不調が起こる
・男性の更年期障害には性機能や運動機能に関する症状がある
・若年性更年期では早期閉経になることがあるがプレ更年期ではその症状はない

です。
現代はストレス社会と言われていて、そういうのが更年期障害の原因になります。だからできるだけリラックスした生活をして心にゆとりを持つようにしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする